chokokoroneの趣味と日常

万年筆がメインのブログです。今のところは国産が多め。

国産の短軸万年筆について。

こんにちは。

気が付くと手元に国産の短軸万年筆が増えていて驚く、そんな日々です。

好きなんですよね、このタイプの万年筆。

レディーモデルも多く、かわいいデザインのものが多いことと

金ペンでも3000円程度と安価なことが相まって、増殖しております。

一昨年の12月にパイロットのμ701というショート万年筆を購入したのが、

私の国産短軸好きの始まりだったように思います。

 

さて、以前にも何度か記事で紹介してきた、この国産短軸万年筆。

パイロットのものは「ショート」、セーラーのものは「ミニ」、

プラチナのものは「ポケット」という名前だそうです。

私はこの中でも、プラチナのポケットが好き。

友人にプレゼントするために購入して以来、嵌ってしまったんですね。

更にその中でも、

プラチナ萬年筆 「ポケットホワイト (14K-細)」 - chokokoroneの趣味と日常

 この白軸に花柄プリントのものが大好きです。

これをポケット万年筆の1本目にしたからこそ、今のポケット万年筆好きが

あるのだと思いますね。白軸万歳、花柄万歳。

 

「プラチナの万年筆といえば」という言葉に続けて、多くの方が口を揃えて言う

「渋めのフローで、日本語が綺麗に書ける」という表現。言い得て妙だと思います。

実際、私のポケットもなんだか字が上手になったような気さえします。

速く書くことも多いために、それに対応できるようにインクフローを

増やしていますが、ニブの絶妙な弾力やキレが日本語筆記に良い影響を

与えているように思います。

 

そんな理由もあって、プラチナのポケット万年筆が好きなのですが、

今、ひたすら目指しているのが前述のホワイト花柄シリーズ(全9種)のコンプリート。

(「コンプリート… なにそれ〜/ウェブリブログ」様に花柄全種が掲載されています。)

まだ紹介できていないものもありますが、今手元にあるのはそのうちの4種類。

まだ半分すら到達しておりません。

この9種のコンプリートを目指し、2015年の目標としましょうか。