chokokoroneの趣味と日常

万年筆がメインのブログです。今のところは国産が多め。

パイロット 「カスタムカエデ(現行) (14K-M)」

前回の記事で購入報告をした、パイロットのカスタムカエデ。

そのカスタムカエデを、きちんと紹介したいと思います。

f:id:chokokorone1911:20150106163007j:plain

カスタムカエデは定価20000円、10号ニブのついたモデルです。

パイロットの中での中堅クラス、と言ったところでしょうか。

しかし、同じ20000円、10号ニブの組み合わせのカスタム742、

同ヘリテイジ912とは、一線を画する特徴がカスタムカエデにはあります。

(軸の素材はともかくとして。)

それは、742や912のペン先よりも、古い設計のペン先を使っていること。

f:id:chokokorone1911:20150106164841j:plain

具体的に言えば、パイロット社の65周年記念モデルなどと同じ設計。

また、5号ニブですがカスタム67のペン先も似た設計です。

その古い設計のペン先は、ペン先先端部をわずかにお辞儀させることにより、

ペン先に弾力を持たせています。

f:id:chokokorone1911:20150106163239j:plain

…この画像で分かりますかね?

カスタムカエデが紹介される記事だと、お決りの画像ですね(笑)

万年筆評価の部屋:総合満足度が高い国産萬年筆・・・衝撃的書き味ではないのに長続きする不思議←こちらの記事の下の方が詳しいです。

ペリカンの昔のペン先なども、似たような傾向のようです。(持ってませんが)

400NNあたりが欲しいなあ、とも思いますが、なかなか買う機会がないです。

次、WAGNERに行けるのは4月になりそうですし。

話が逸れましたね。

この弾力のおかげで、現行の他のペンにはない感触を楽しむことができます。

この感触に嵌る人も多いようです。自分もその一人ですが。(笑)

 

また、なんと言っても木軸の魅力と言えば熟成を楽しめること。

使っているうちに段々と、手の脂などで色に深みが出て、艶も出てきます。

早く熟成させたい方は、それ用の布などを購入し、磨いているようです。

木目の出方にも個体差があるので、店頭で購入した方が好みのものが選べますね。

自分は、木目もそのペンの個性だと割り切って選ばずに買ってしまいます。

 

このペンは軸がカエデの木で作られているために、大きさの割に軽いです。

ですが、con-70を装着してインクを入れたときにとても良いバランスになります。

※あくまで私見ですよ。

f:id:chokokorone1911:20150106164649j:plain

キャップを尻軸に挿さずに書く人には、少し軽すぎるかもしれません。

インクが軸に付着する恐れを考えると、その方が良いんですけどね。

 

木軸ということもあり、軸にインクが付着すると、なかなか取れません。

手の脂や磨き用のオイルなどが染みこんでくると、すぐに拭えば大丈夫です。

しかし、使い始めなどでインクが染みてしまうとなかなか落ちません。

唯一、それがネックではありますが筆記バランスも良いし、何より手に馴染むので

とてもお気に入りです。

皆さんも一本、いかがでしょうか。(笑)