chokokoroneの趣味と日常

万年筆がメインのブログです。今のところは国産が多め。

シェーファー「インペリアル770(14K-F)」

お久しぶりです。

手軽に呟けるTwitterがメインになってしまうと、どうしても

ブログの更新から手が遠のいてしまいます。

 

昨日買ったペンをご紹介。

10/6に見つけた文房具店が万年筆のデッドストックが大量にあるお店だったのですが、

その中から特に欲しかった1本を保護してきました。

シェーファーのインペリアル770です。

f:id:chokokorone1911:20141019103254j:plain

12金張りキャップに黒の樹脂軸の組み合わせが何とも言えない美しさです。

タッチダウン吸入式ではなく、これは両用式のもの。

機構の面白味には書けますが、故障などのリスクが減るのでありがたいですね。

デッドストックということで、↓こんなものもちゃんと残ってます。

f:id:chokokorone1911:20141019103521j:plain

当然新品未使用なわけですが、完全実用主義(いまのところ)なので

帰宅してすぐにインクを入れてしまいました。

丸いペンポイントなので様々な筆記角度に対応できていいですねえ。

f:id:chokokorone1911:20141019103717j:plain

そして、ペン先はもちろんシェーファーお得意の上に反ったインレイニブなので

柔らかい書き味です。地金が多少薄いせいもあるでしょうけれど…

 

親戚から譲り受けたシェーファー タルガ1004に続いて2本目のシェーファー

となりましたが、長め・重めのタルガとは対照的にインペリアルは短め・軽め

なので非常に扱いやすいです。

タルガは好きなのにあの長さが手に合わないのであまり使えていないですし…

まあ、何はともあれ2本目のシェーファー。なんだかハマりそうな予感です…

 

月光荘画材店のペンケース

銀座にお店を構える月光荘画材店と言うお店がありまして、そのお店の販売している

ヌメ革ペンケースが素敵なので購入を検討しています。

http://shop.gekkoso.jp/shopdetail/013000000006/order/

ヌメ革なので熟成させるのを楽しめますし、月光荘画材店は「形ある限り」修理して

下さるそうなので安心です。

銀座まで行くのは少し遠いですが、川越の雑貨店で取り扱っているお店があったので

そこのお店で購入することにしました。

近いうちに購入する予定ですのでお楽しみに。

プラチナ ♯3776センチュリーのウェーバリー・軟調化

※万年筆の調整・改造は自己責任です。改造などをすることによって、メーカーの保証を受けられなくなることがあります。

愛用の♯3776センチュリー シャルトルブルー(F)を綺麗な字が書けるように

僕が初めて買った金ペンであるセンチュリー シャルトルブルー(以下シャルトルブルー)を ウェーバリー・ソフト化しました。

f:id:chokokorone1911:20140618215425j:plain

ウェーバリーというのはペン先をわずかに上に反らした形状で、主に、紙にペンポイントが当たった際の柔らかさを 求めて使われるペン先の種類です。 パイロットではバリエーションの一つとされています。

f:id:chokokorone1911:20140618213734j:plain

その他にシェーファーでは通常のペン先でも上に反らされていて、 当たりが柔らかいことをセールスポイントの一つとしています。 僕も、この当たりの柔らかさを求めてウェーバリー化しました。 また、その他にペン先の柔らかさを出すために、地金を薄くしてみました。 写真だとわかりづらいですね。

f:id:chokokorone1911:20140618215357j:plain

そして、お決まりの試筆。

f:id:chokokorone1911:20140618215500j:plain

ただ上に反らしただけ、と言ってしまえばそれだけですが、とても書きやすいです。 そういえばシャルトルブルーとブルゴーニュに超極細、細軟、極太が追加だそうですね。 ブルゴーニュの細軟欲しいなあ…

パイロット「SUPER60(ステンレス-F)」

今日紹介するのは、パイロットの万年筆、スーパー60です。 昨日、フリーマーケットで入手しました。

後ほど紹介しますが、昔のパイロットのインク(2本入り)と合わせて1000円でした。

f:id:chokokorone1911:20140615184518j:plain

本当はこの万年筆が500円、インクが1000円だそうですが、 「二つで1000円でいいよ」とのお言葉に甘えましたw フリマバンザイ!

(厄介なことに)前使っていた人が赤インクを入れてたみたいで、洗浄になかなか時間が…(苦笑) でも、そんな時のためにとひっそりと購入していた音波洗浄機(超音波ではないw)を 活用し、なんとかティッシュでニブを拭くとうっすら赤いのがつくくらいにまで復活させました。

f:id:chokokorone1911:20140615184608j:plain

ぬるま湯で洗浄したのが良かったのかな。

しかし、壊れているのはそれだけではなく、「壊れたら直せない」と一部の人の間で悪名高い 昔のパイロット特有のノブを倒すタイプの吸入機構(ノブフィラー)も 中のゴムサックがボロボロに変質してしまっていました。 思い切って引っ張ってみると首軸と機構をつないでいたゴムが硬化し、割れていたようで 簡単にスポッと抜けました。

f:id:chokokorone1911:20140615184643j:plain

中からはこんな部品も出てきました。

f:id:chokokorone1911:20140615184714j:plain

どんな仕組みなのかはだいたい想像つきますが、面倒なので仕組みを再現したりはしませんw 首軸に残っていたゴムを破壊して取り除き、どうしたものかと試行錯誤を重ねるうちに、 CON-20を二つ使う方法を思いつきました。

f:id:chokokorone1911:20140615184917j:plain

言葉では説明しにくいので、イラストをどうぞ。

f:id:chokokorone1911:20140615184908j:plain

ざっくり言うと「首軸をコンバーターをゴムサックでうまい事固定している」感じですw こんなのでも結構しっかりとはまるのでなかなかいいですね。

ニブはパイロットお得意の爪ニブ。

f:id:chokokorone1911:20140615185215j:plain

でも、エリートの爪ニブよりも小さく、細身です。

f:id:chokokorone1911:20140615185328j:plain

この形の違いが後述の楽しい書き味を生むのです。 刻印は、小さな文字でこんな感じ。

f:id:chokokorone1911:20140615185458j:plain

「PILOT MADE IN JAPAN SUPER QUOLITY」と書いてありますね。 金品位表記がないのが気になりますが…分解したらあったりして(笑) でもまあ、ペンポイントが銀色であることなどから、金ペンだろうと思います。 あと字幅の表記も無いですが、おそらくFだと思われます。 「PILOT」の書体からして、たぶん1960年代の万年筆ですね。 当時の定価はいくらなんだろう。

軸には薄ーい刻印で、「PILOT SUPER60 BM13」と書いてあります。

f:id:chokokorone1911:20140615185742j:plain

「BM13」ってどういう意味なんでしょうか。ロット番号?

キャップはまあただの金メッキだと思います。

f:id:chokokorone1911:20140615185920j:plain

14金ぐらいかな?

さて、この万年筆で一番特徴的なのはなんといってもその書き味! こんなにしなります。

f:id:chokokorone1911:20140615190155j:plain

しかもこの万年筆の凄いところは、筆圧をかけてフレックスさせても、 ニブとペン芯が離れないことです!

f:id:chokokorone1911:20140615191529j:plain

だからこんな芸当もできます(笑)

f:id:chokokorone1911:20140615191514j:plain

これでカリグラフィー調の文字が書けるといいな…なんて思いますが、 練習する時間がなさそうなのでちょっと難しいですかね。

500円で買ったペンとは思えないくらい楽しい万年筆で、機会があればもう一本欲しいくらいです。 見つけたら(値段にもよりますが)即確保!な感じの万年筆ですね。

手書きで一句。

俳句を詠み、それを万年筆で手書きして掲載することにしました。 今日は第一回目です。

f:id:chokokorone1911:20140612232627j:plain

曲がった写真と汚い字ですが…(苦笑) スキャンしたらもっとひどいことになったのでまだこれはマシな方ですw

普段使っている万年筆の紹介

自己紹介も兼ねて、普段使っている万年筆の紹介をしたいと思います。

f:id:chokokorone1911:20140606225932j:plain

セーラー プロフィット21 銀 長刀研ぎ

f:id:chokokorone1911:20140606231854j:plain

キングダムノートさんで代理購入していただき、先日の大宮での WAGNERで受け取りました。 字幅はM。 長刀研ぎのMなので、なかなか太めです。 インクはセーラーのブルーとブラックを自家調合したもの。 落ち着いた色で気に入ってます。

セーラー プロフィット21 金

f:id:chokokorone1911:20140606231932j:plain

もともとの字幅はZ(ズーム)です。 ズームとは、セーラー独自の字幅で、立てると細く、寝かせると太く、 書けるというものです。 あまり大きな声では言えませんが、素人の自己調整によって 長刀に研ぎだされています(笑)

f:id:chokokorone1911:20140606232054j:plain

意外とこれがなかなかどうしていい感じなんですよね。 綺麗な文字が書けます。 もとはZですが、実用できるくらいに細くしたので、↑の長刀Mよりも細いです。 インクはセーラー PROFIT30th 付属インク(ブラック)を使用。

パイロット カスタム67

f:id:chokokorone1911:20140606232142j:plain

字幅はM。今の硬いニブ(ペン先)ではなく、弾力のある柔らかいニブです。 柔らかく、引っかかりのない素晴らしい書き味ですが、滑りすぎてしまって あまり綺麗な字は書けません(笑)もっぱら落書きやメモ専用になっています。 4月の水道橋でのWAGNERで購入しました。 インクはパイロットのブルーブラックとブラックを自家調合したもの。

パイロット カスタムカエデ(旧型)

f:id:chokokorone1911:20140606232208j:plain

字幅はF。軸にインクが滲みることにビビりながら使ってますw 紙に書いた通り、最近はあまり使うことがなくなってしまったのが残念… 3月のペントレで、大特価で入手しました。定価(7000円)の半額以下… これもカスタム67と同じインクを入れてます。 これは以前、ちょっとした事件があったペン(笑) またあとで詳しく記事にしますね。

本当はまだまだあるのですが、続きは次回ということで。 最後に、上で紹介した万年筆で書いた「永」を載せます。

f:id:chokokorone1911:20140606225836j:plain

上から紹介した順です。それでは、さようなら。

ブログ開設しました。

以前利用していたFC2ブログが、諸事情により利用できなくなったので こちらに新しくブログを開設しました。